可愛いネコ

重い症状での治療とは

ペットブームの中、様々な種類の犬が現在日本では飼われています。
中でも最近非常に人気なのは、胴長短足な犬種です。
ミニチュアダックスフント、ダックスフントにカニンヘンダックスフントもそうです。
コーギーもそうです。
短い脚でちょこちょこと走る姿が非常に愛くるしくて、人気があります。
ただこの犬種は胴が長いがゆえにヘルニアになりやすいといわれています。
足が短く胴が長いというスタイルのため、腰の部分に負荷がかかりやすいのだといわれています。
そしてヘルニアになってしまった場合、完治はなかなかかつては難しく、散歩などこれまでのように元気に走ったりが非常に難しかったようです。
ですが最近では犬の整骨医がいたり、車いすがあったりでヘルニアにかかってしまったとしても、ケアやサポートで元気に頑張っているワンちゃんたちも非常に多いのだといいます。

さて上記ではヘルニアにかかってしまったワンちゃんたちは、最近では専門のドクターがいたりサポートが整っているため、完治に近い状況で元気に過ごすことができていることをご案内いたしました。
このように、胴長短足の犬種にはこの病のリスクがあることがわかってきて、最近ではわんちゃん用のヘルニア対策のサプリメントが非常に人気になってきているようです。
このサプリメントにはコンドロイチンやグルコサミンといった、人間顔負けの関節などの節々にいい成分が配合されています。
病院でヘルニアと診断されたにもかかわらず、サプリメントで病状が緩和したというわんちゃんもいたようです。
こういった結果を受けて、今後ますますこういったサプリメントが発売されるといわれているようです。