可愛いネコ

初期段階での治療

人が患う病気のほとんどは犬や猫などのペットも患う可能性があります。
その中でもよく見られるものとして、椎間板ヘルニアがあります。
椎間板とは、背骨の短い骨を連結されているパーツの事です。
ヘルニアの原因は、何らかの原因により背骨から椎間板が飛び出てしまっている状態を言います。
原因は大きく2つあり、事故や過度な運動などの外部要因と加齢などにより背骨が変形したことがあります。
最も重要な予防法としては、体重管理があります。
体重が重くなると椎間板に負担が掛かりますので、注意が必要です。
また、段差の行き来や立ち上がるなどの動作にも注意が必要となります。
治療法は、内科療法と外科療法とがあり、症状の状態や年齢などにより最適な地用法は異なります。

一般的に「ヘルニア」と言うと、椎間板ヘルニアを指すことが多いですが、それ以外の部位でも発症する事があります。
それが、「横隔膜ヘルニア」と呼ばれるものです。
これは、胸部と腹部との間にある横隔膜が破れるなどして横隔膜から腹部の臓器が飛び出ているような状態のことを言います。
原因としては、先天的に奇形がある場合や交通事故や落下などにより強い衝撃を受けたことによる外傷性が考えられます。
目立った症状がないという場合には、そのまま経過観察となる事が多いのですが、呼吸困難など明らかな症状があらわれているような場合には、外科手術が選択されます。
ペットの状態や症状のあらわれ方により、最適な治療法は異なりますので、相談するようにしましょう。